俺的計算機.NET

#公園のベンチでワンカップ大関片手に集まってきた鳩に向かって説教

F1日本グランプリ バラエティ編。

■イベント編■
 
 HONDA F1 40周年記念式典。HONDA が関わった歴代の F1 マシンが鈴鹿を走りました。ドライバーも中嶋悟さんに鈴木亜久里など往年の名ドライバーや、ジョン・サーティースやジャック・ラフィーと言った 1960〜1970 年代に HONDA マシンで活躍したドライバーが登場しています。
 ちなみに中嶋さんの動画(QuickTime)も。撮ったのが C-730UZ と動画に特化したデジカメではないのでちょっと荒いですが。
■機材編■

 使用させてもらった機材は E-1 に 50-200mm、あと希望者に EC-14 という×1.4のテレコンでした。
 
 指導員として同行されたプロカメラマンの方が使っていた機材。E-1 に 300mm F2.8 を付けてさらに EC-14、そしてフード。焦点距離 840mm 相当のド迫力であります。
 右側の写真で左奥は発売前の 150mm F2.0。非常にシャープな写りのレンズです。というわけでフルサイズ作例*1

 自前の E-1 をお持ちの方もいらっしゃいまして、現地で仲良くさせて頂いた方で E-1 + OM アダプタ + OM ZUIKO 180mm/f2.0 という組み合わせをお持ちの方がいらっしゃいました*2。他にもタムロンの長玉を付けていらっしゃる方もいて、やっぱりヘビーユーザーはすげェと思いましたですよ。
 んで、E-1 そのものなんですが、

 これは 8 日に行われた豪雨の中でのフリー走行時、オリンパスの中の人が撮影したオモシロ写真。奥の人は他社製カメラと長玉にすっぽりかぶせる防滴カバーをつけているにもかかわらず、手前の E-1 ユーザの方はそのまんま雨ざらし。ちなみにこの E-1 のオーナーの方は今回のツアーとは無関係な方です。
 なおフリー走行の時、特設シューティングスタンドに設置された E-1 も同じく雨ざらしだったそうですが、約 1 時間豪雨の中に晒してもまったく問題なく動作したとのこと。アイカップの内側が曇った程度で、他のデジタル一眼レフのユーザが雨に気をつけながら撮影していた中、E-1 は嵐なんぞナンボのもんじゃい状態だったそうです。オリンパスの中の人いわく、「私たちが一番驚いてました」
 みなさん、悪天候で使うなら E-1 でっせ。

■キャンギャル編■
 F1 にはレースクイーンというのはいないのですが(グリッドガールならいる)、ホームストレート裏では各社がイベントブースを設けていました。オリンパスもそう。
 
 帰り際だったので横を通り過ぎただけで、写真はほとんど撮れなかったです。というかこの直後にフォトセッションがあったそうな(´・ω・`)

 というわけでバラエティ編ですた。2日の行程を1日でやったために全く余裕がなく、レースを撮影する以外は単に移動していただけ、といった感じでした。あーぁ、台風さえ来なければなぁ……。

 

*1:1/250s / F6.3 / -0.3EV / 6000K / ISO100 / 中央重点測光 / シャッタースピード優先AE。多少ジャギってますがこれは HQ モードだからと思われます。

*2:しかも 1000mm/f11 もお持ちとか。