俺的計算機.NET

#公園のベンチでワンカップ大関片手に集まってきた鳩に向かって説教

ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II 発表。(デジカメWatch)

E-1世代の大口径標準ズームがとうとうリニューアル。コントラスト検出AFへの対応と、念願の円形絞りの搭載が変更点。2003年の発売以来5年ぶりに改訂ですが、光学系は基本的に変わってません。スタート価格69,700円。
14-54mmというとその最短撮影距離・焦点域・F値・防塵防滴・逆光耐性といった基本性能に比してお値段抑えめの名レンズなのですが、「標準ズームで7万弱」という文字列だけが一人歩きして「オリのレンズは高い」という印象が決定づけられた不運のレンズでもあります。俺の場合、E-1とのセットで20万足らずでゲットしたので、それほど値段が高いという印象はありません。
描写については、解像力が若干足りない事と広角端でのゆがみ、あとボケがうるさい点がよく指摘されています。光学系の変更は絞り以外無いので、描写についてはほぼ同じであることが予想されます(ボケがうるさいのは円形絞りとはあまり関係ないし)。ただ最近のZUIKO DIGITALレンズにある青銀ハチマキがついてるのはうらやましいかも。