俺的計算機.NET

#公園のベンチでワンカップ大関片手に集まってきた鳩に向かって説教

エンジニアもすなるMarkdownといふものを非エンジニアもしてみんとてするなり

これほど出オチ感満載のタイトルもそうあるめぇ。

Markdownて何

Markdownってそもそもなんやねんって人はとりあえずこのあたり参照で。

Markdown - Wikipedia

www.markdown.jp

個人サイト全盛期にHTMLをゴリゴリ書いてた(そして現在進行形でゴリゴリ書いてる)人からすれば、「なにその便利なやつ」という感覚です。

Markdownが使えるとなにが嬉しい

はてなダイアリーや各種WIKIバラバラだったいわゆる「記法」の統一規格みたいなものです。とりあえずMarkdown覚えるだけで、広く普及してるいろんなドキュメントシステムに対応できます。

いわゆるWordpressにもプラグイン入れれば対応できますし、Slackも一部Markdownライクな記述が可能ですし、実際このはてブロもMarkdownで書いてます。

個人的に感動したのは、Boostnoteで書いた議事録をConfluenceにベタっと貼り付けただけで、ちゃんと整形済みドキュメントとして使えてしまったことですね。1

もちろんMarkdownにも方言はあるので、実装側でどの記法をサポートしているかによって書けるもの・書けないものがありますが、何にせよ方言レベルなのでその差にかかる学習コストはかなり小さいです。

Markdownはどこでどう使われている

主にGitHubなどでエンジニアがドキュメントを記述するときに使われるケースが多いようです。俺はエンジニアではないのでGitHubのアカウントは持ってません。

こうしてはてブロでも使えますし、最近のCMSなら多くはデフォルトないしプラグインで対応してるんじゃないでしょうか(調べてないけど)。

俺が書くときは先程紹介したBoostnoteでプレビューしながらゴリゴリ下書き2して、先述のConfuluenceやはてブロを最終出力先としてる感じです。

boostnote.io

Markdownの覚え方

とりあえず表題の「#」とリストの「-」だけ覚えて、あとは必要になったら都度覚えていけばいいかと。

俺もこのブログ書きながら、初めて使う記法はチートシートを参照して書いてます。

qiita.com

お前エンジニアじゃねぇの?

一応エンジニアですが、コードはCOBOLRPGとLANSA以外ほとんど書いたことないです。「エンジニアになり損なった」が正しい表現かなー。
Python覚えようとして「みんなのPython 第4版」買って最初の15ページほど読んでその後放置してみたり。我ながらもったいないのでいずれ読みますが。

今のお仕事は非エンジニアですが、エンジニアと会話することも多く、勉強会に出ることも増えたため、自然とエンジニア寄りの考え方やお作法に沿うことが多くなりました。

とにかく大昔にHTMLをメモ帳で書いてたのが嘘みたいに楽になりました。やっぱ文章のマークアップより文章そのものに注力したいよね。


  1. Confluence自体はMarkdownで標準に対応してない(挿入用プラグインはある)。

  2. [Ctrl + S]と[Ctrl + E]の組み合わせ最高。